料金体系

住宅宿泊事業法(民泊新法)による許可、届出を専門家である行政書士が法律に基づいて行います。

それによりAirbnb・エアビーアンドビー等で民泊ホストを適法に行えるようになります。

不動産業者、宅建士免許等保有の方は、住宅宿泊管理業者となることができます。

不動産業界の新たな規制強化を適法に乗り切り、または法改正を機に民泊管理を始めたい方はご相談ください。

 

◆今話題の民泊を始めたい方

住宅宿泊事業(民泊) 
初回相談
(面談・電話・メール等)
無料
事前調査
(現地調査、法令調査、消防、保健所等との協議)
¥50,000(税別)〜
運営方法(民泊新法での届出、旅館業法での許可)によって別途お見積り致します。
住宅宿泊事業届出(新規)
¥150,000(税別)〜
住宅宿泊事業届出用
 建物平面図の作成
¥40,000(税別)〜

◆住宅宿泊管理業の許可

住宅宿泊管理業(民泊管理) 
初回相談
(面談・電話・メール等)
無料
住宅宿泊管理業登録申請(新規)
¥50,000(税別)〜
書類作成・提出
 別途、法定手数料¥90,000(登録免許税)かかります
住宅宿泊管理業登録申請(更新)¥50,000(税別)〜
書類作成・提出
 別途、法定手数料¥19,700(登録免許税)かかります