産廃業について

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇産業廃棄物のイメージって?

産業廃棄物や産業廃棄物処理業と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

・作業環境が劣悪
・汚い、臭い
・ヤ○ザが絡んでる
・迷惑産業

など悪い、怖いイメージをお持ちかもしれません。

しかし、産業廃棄物は私たちの安全で衛生的な生活を送る上で密接につながっています。

綺麗な商業施設の建設工事や、住宅の建設工事、北陸では車社会に必須の道路工事、近年の新幹線の開通工事では必ず産業廃棄物が発生しています。そして産廃を扱うには、法律に従って行う必要があり、知識及び技能と経営的基礎を有する事業者と認められる必要があります。

◇産業廃棄物とは?

廃棄物とは、占有者が自らの利用や他人に有償で譲渡できないために不要となったものをいい、その物の性状、排出状況、通常の取扱い形態、取引価値の有無等を総合的に勘案して判断されます。

「産業」廃棄物とは、事業活動から発生した、廃棄物であるものをいいます。

そして、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定義されたもので「燃え殻」、「汚泥」、「廃油」、「ゴムくず」、「金属くず」など12種類、それと「建設業」、「食料品製造業」など7種類の事業活動に伴って排出される場合に分けられています。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email