民泊について(旅館業法と比較)

◇旅館業法との違い

住宅宿泊事業法(民泊新法)は、これまでの旅館業法で規定されていた「旅館営業」や「ホテル営業」、「簡易宿所営業」等に規定されてない営業方法で、最も特徴的なものに、【年間180日以内での営業】があります。

以下の表は、主な違いのまとめ

 住宅宿泊事業法(民泊新法)旅館業法
日数要件年間180日以内上限なし
宿泊室床面積宿泊者数×3.3㎡以上33㎡以上
(10人未満=3.3㎡×宿泊者数)
手続き届出許可
用途地域の制限住居専用地域でも営業可住居専用地域では営業不可
(各自治体で異なる)
宿泊者名簿氏名、住所、職業、旅券番号等氏名、住所、職業、旅券番号等
衛生措置定期的な清掃等の実施換気、最高、照明、防湿、清掃等の措置
苦情受付事業者(居住型)
管理業者(不在型)
事業者
[ssba-buttons]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です