農地転用の依頼

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

今日は農地転用の依頼があった現場(農地)へ行って現場を確認して、その後に農業委員会で農地転用の5条届出について話を聞いてきました。5条届出は簡単らしいので少し安心😅

土地改良区にも続けていこうと思ったけど、担当者が不在でアポが取れず、午後からは事務所で書類を作ることに専念しよう👨‍💻

農地転用の手続きは面倒で時間がかかるみたいだけど、今回の依頼は面積も小さく、市街化区域なので簡単に進みそうやけど、実際はどうやろか❓

委任状を始め必要書類は粗方揃えた👍

農転は生産組合長などからのハンコが必要ということで、これからも付き合っていくと思われる方々なので第一印象を大切にしよ✨

 

さぁ、今日も絶好調で営業中‼️

 

民泊カンファレンス2019

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

2019.7.5に民泊カンファレンス2019@大阪行ってきます💨
申し込み完了したけれど、車か、高速バスか、電車か、交通手段はどうしようか。。。
んー、やっぱり高速バスかな🚌
運転は好きだし、慣れた道だけど、駐車場所とお酒が飲めない🍻
電車は、北陸新幹線のおかげで、大阪方面は金沢で乗り換えが必要で高い🚃

現在、扱っている民泊に関する情報収拾のために行ってきます📝参加者は、不動産関係の方が多そうな感じです🏘申し込みの際に入力したフォームが民泊してますか?場所は?のような内容だったので🖥民泊をする側、管理する側の実際の声が聞けるいい機会なので、色々な方のお話を聞いて刺激をもらって今後に生かそう👍

まだまだ富山県(北陸全般)は、民泊が少ないのが現実で、今後どうやって盛り上げていけるかも考えていかないといけない😄

さぁ、今日も絶好調で営業中‼️

ペットサロン等の経営

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇ペットビジネス

近年、ペットと人との繋がりがますます高まり、ペットを家族の一員として扱われることに違和感を感じなくなってきています。また、少子化が進み、子供の代わりにペットを飼うという方も多くいらっしゃいます。ストレス社会と言われ、ペットに癒しを求める傾向も強くなっていると感じます。

私も昔から犬を飼っていて、今も犬を飼っています。最近は猫も可愛く見えてきて、完全な犬派が揺らいでいます(=^x^=)
ちなみに我が家は昔、クマを飼っていた事実があります( ゚д゚)!!

◇第1種動物取扱業

拡大し続けるペットビジネスとして、ペットサロンペット美容室)や、ペットホテルペットレンタル等を始めるには、「第1種動物取扱業」の届出が必要になります。この届出は、「販売」「保管」「貸出し」「訓練」「展示」「競りあっせん業」「譲受飼養業」の7種類の業種に分けられ、その業種毎に届出が必要となります。

 

ットビジネス民泊ビジネスを掛け合わせた、「ペットと泊まれる民泊」なんかもこれから出てくるかもしれません。(すでにあるかな?)

何か他との違いを見出したビジネスを始めるには、この掛け合わせは、すでにホテル業で行われているので、そこらへんを調査していくと良いビジネスになるかもしれません。

ベットに関する事業を始めようと考えている方は、
是非当事務所にお問い合わせください!

産廃業の許可基準

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇許可の基準

許可を取得するには、
申請が許可の基準に適合していること、及び申請者が欠格要件に該当していないことの要件が求められます。

 

許可の基準

①設備的基準
収集運搬業においては、運搬車両、運搬容器、駐車施設、洗車施設等が必要になります。積替え・保管を行うには積替え施設や保管施設、重機等が必要になります。

処分業においては、破砕機、脱水機、トラックスケール等の設備や作業に必要な重機等が必要になります。

②申請者の能力(知識・技能)
産業廃棄物の処理を的確位に行うに足りる知識及び技能を有することが求められます。これは上記のJWセンターの修了証でその能力があると認められます。

③申請者の能力(経理的基礎)
経理的基礎を有することが求められます。これは、申請者が事業を的確かつ継続して行うに足る経理的基礎をいい、事業において利益が計上されず、かつ債務超過状態にある申請者は許可基準に適合しないとみなされます。
初回相談時に、法人様においては直前3年の各事業年度における決算書(貸借対照表、 損益計算書、キャッシュフロー計算書)、税務署に提出した確定申告書の写し、法人税の納税証明書等をお預かりして判断いたしします。また、個人様においては直前3年の所得税の納税証明書、確定申告書の写し等をお預かりして判断いたします。

④欠格要件
法人様の場合には会社そのものと会社の役員等が、個人様の場合には個人事業主等に契約を結ぶ能力があり、また不正な行為をしないなどの条件があります。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email

産廃業許可の種類

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇産業廃棄物の許可の種類

他人から委託を受けて産業廃棄物の収集運搬業、または処分業を行うには都道府県知事の許可が必要です。

許可は主に以下の4つがあります。

①産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物を積込む都道府県、荷卸す都道府県の両方でその許可が必要になります。(通過する都道府県では許可不要)また、積み替えや保管を行う場合にも産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。

②産業廃棄物処分業
廃棄物を有価物な状態にする再生利用、地球環境に対する影響が小さくなるように配慮しながら、物理的、化学的、生物的な手法により加工し減量化、安定化、安全化する中間処理業と、埋立て処分する最終処分業があります。その処分業を行うには処分を実際に行う都道府県の知事の許可が必要になります。

③特別産業廃棄物収集運搬業
上記①の産業廃棄物の性質が爆発性、毒性、感染性、その他人の健康や生活環境にかかり被害を生ずる性状のもの

④特別産業廃棄物処分業
上記②の産業廃棄物の性質が爆発性、毒性、感染性、その他人の健康や生活環境にかかり被害を生ずる性状のもの

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email