賃貸経営の未来はどうなる?

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

賃貸経営をされているオーナーの皆様、空室対策はどのようにされていますか❓

新潟、富山、石川県では21〜25%、福井県に至っては30%超となっています😱

なぜ、空室率が上がってしまったのか❓
それは、2015年に施行された相続税と贈与税の税制改正と考えられます🏢

相続する財産のうち、相続する人数によって変わる非課税枠が、改正前の「5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)」から「3,000万円+(法定相続人の数×600万円)」へと縮小されました。これにより相続税の課税対象となる財産を所有する人の割合は、約4%から6%台に広がるという財務省の試算もあります。

その時、皆が考えることは節税対策です💴
そこで出た一つの解が「賃貸経営」です❗️

以下、国交相の新設住宅着工戸数(借家)の推移

この空室率問題を解決するためには、人を入れれば良い❗️

賃貸で借り手がいない間の収益が上がらない時は、民泊として運営したら良いのです。

賃貸経営と民泊のハイブリッド経営です🔄

民泊は年間宿泊日数に180日という制限があります。

賃貸経営よりは収益は下がるかもしれませんが、価格設定を間違わなければ十分収益は上がります!

民泊を始める場合は、家具や家電等の初期投資は若干かかりますが、空室損を少しでも減らせる突破口になると考えられます!

今日も絶好調で営業中‼️

民泊カンファレンス@osaka

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

7月5日に大阪で開かれた民泊カンファレンス2019に参加してきました👨‍💼

今回は、2018年6月15日に民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行され、同じく旅館業法が70年ぶりに改正されて1年ほどが経ち、その後の業界の課題や今後の流れについて情報収集をしてきました❗️

会場にはすでに事業をしている民泊ホストや、不動産業界の方、これからの方、行政書士で民泊を多く取り扱っている方からお話が聞けました👂富山県にはない都市部に指定された特区民泊についても大変勉強になりました📝

民泊はその多くが不在型であり、管理会社と管理契約を結ぶ必要がありますが、 民泊代行大手の(株)グランドゥース「要望があれば富山県にも行きます」と心強い言葉を頂いてきました👊

民泊にも鍵を始め様々なIoTの導入がされていることを知り、どんどん面白くなってくる業界だと改めて実感しました⚡️

また、同業の先生ともお話ができて色々刺激をもらって充実した楽しいセミナーになりました🎶この内容を取り入れてお客様に還元していければ!と思う今日のこの頃である☺️

写真は、セミナー前に時間があったのでミナミをぶらぶらした時に撮ったどうでもいい写真です🤳

 

そして、今日も絶好調で営業中‼️

農地転用の依頼

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

今日は農地転用の依頼があった現場(農地)へ行って現場を確認して、その後に農業委員会で農地転用の5条届出について話を聞いてきました。5条届出は簡単らしいので少し安心😅

土地改良区にも続けていこうと思ったけど、担当者が不在でアポが取れず、午後からは事務所で書類を作ることに専念しよう👨‍💻

農地転用の手続きは面倒で時間がかかるみたいだけど、今回の依頼は面積も小さく、市街化区域なので簡単に進みそうやけど、実際はどうやろか❓

委任状を始め必要書類は粗方揃えた👍

農転は生産組合長などからのハンコが必要ということで、これからも付き合っていくと思われる方々なので第一印象を大切にしよ✨

 

さぁ、今日も絶好調で営業中‼️

 

民泊カンファレンス2019

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

2019.7.5に民泊カンファレンス2019@大阪行ってきます💨
申し込み完了したけれど、車か、高速バスか、電車か、交通手段はどうしようか。。。
んー、やっぱり高速バスかな🚌
運転は好きだし、慣れた道だけど、駐車場所とお酒が飲めない🍻
電車は、北陸新幹線のおかげで、大阪方面は金沢で乗り換えが必要で高い🚃

現在、扱っている民泊に関する情報収拾のために行ってきます📝参加者は、不動産関係の方が多そうな感じです🏘申し込みの際に入力したフォームが民泊してますか?場所は?のような内容だったので🖥民泊をする側、管理する側の実際の声が聞けるいい機会なので、色々な方のお話を聞いて刺激をもらって今後に生かそう👍

まだまだ富山県(北陸全般)は、民泊が少ないのが現実で、今後どうやって盛り上げていけるかも考えていかないといけない😄

さぁ、今日も絶好調で営業中‼️

民泊の依頼を無事完了

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ行政書士

行政書士開業してからの初依頼を無事こなすことができました。

開業後にホームページをアップしてすぐに電話がかかってきたので、

『ナニ( ゚д゚)!?!?もう仕事の依頼!?』

と思い、電話に出るとリスティング広告はいかが?といった内容でガッカリし、その後もプリンターや広告の電話が続いてました。。初仕事は、幸せなことに民泊を始めたいという方からの依頼で、なんとか無事に届出が完了した!

先日、依頼者から民泊の標識が送られたと聞いてホッと一安心(*^^*)民泊は2018年6月15日に法改正があって今でちょうど1年経過して、県の担当者に立ち話だったけど話を伺ってみると、富山県全体で50件ほどだそうで、、、って少なくない??

届出に必要な書類に「消防法令適合通知書」ってんのがあるんだけど、が富山市は他よりかなり厳しいそうで。。
今回は、富山市外に対象の物件があったので、必要設備を設置して管轄消防署から問題なくソレは発行してもらえた。
その他、図面などの書類を添付していざ県庁へ行くも

「担当者とのアポは取ってますか?」

てっきり市役所のような窓口と思って行ったため、無駄足を踏んでしまった。
郵送でも構いませんよ!と言われたけど、いろいろ話を聞きたいので行きます。と言い、後日出直しをした。

今回の依頼で本や行政が出しているガイドライン等を読み漁ったけどそこにない必要書類もあった。
ひとつ感じたのは《資格予備校等の実務者講習会は行かなくても良い!》ということ。
何万円も出して何時間も授業を聞いて。。
必死のパッチで調べて、条文を読めば分かってくる!分からなくても行政側に聞けば大抵のことは教えてくれる!
なんとかなる精神、、、もとい、プロならば、「なんとかする精神」でやっていこう!

行政書士はスポットの依頼がほとんどと言われている中で、どのようにして定期的に依頼を獲得していくかの仕組みづくりをしていかないと。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email