民法改正

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ行政書士

昨日は午後から行政書士会で行われた

「民法改正(債権法・相続法)」

の勉強会に行ってきました。債権法においては120年ぶり、相続法では40年ぶりの大改正で2020年4月から改正法が施行される予定となっております❗️

そもそも民法って言葉ではよく聞くけどなんのこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、超簡単にいうと私人同士(個人や事業)における基本的なルールです!(ちょっとザックリしすぎてます💦)

私も法律を学び始めて長くないですが、さすがに120年も前に決められたルール(債権法)が改正されずこれまで使い続けられてきていることに驚きました‼️

簡単に改正内容をいくつか紹介すると、

  1. 自己の権利を一定期間行使していなかった場合に、その権利について主張ができなくなる消滅時効が原則10年(民法でしたが、原則そのままで追加で「権利を主張することができるのにしなかった場合は5年で時効が完成となります。
  2. お金の支払いが遅れた場合の法定利率が
    現行;年5分(民法404条)→新法;年3分へ引き下げ(いぇい👍)
  3. 相続法では、「配偶者居住権」という配偶者が相続開始時に被相続人(亡くなった方)が所有する建物に住んでいた場合に終身、又は一定期間その建物を無償で使用できる権利を新設しています

他にもありますが、イメージのしやすそうなものを少しだけ取り上げました。

今日も絶好調で営業中です😁

新・担い手3法に関する説明会

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ建設業法改正行政書士

朝晩が冷え込む季節になってきました🍃
今週は週半ばから富山はずっと雨予報です☔️

本日、建設業法、入契法(公共事業の入札及び契約の適正化の促進に関する法律)の改正案が6月5日、品確法(公共工事の品質確保の促進に関する法律)の改正案が6月7日に成立し、国交相主催の『新・担い手三法について』という説明会に行ってきました‼️

法改正の経緯は、建設業界の若手人材不足や給与面、長時間労働、そして社会保険未加入等の現状課題に関する対策ということでした。
前職のメーカーでは工場内の工事を協力業者(下請け業者)の土建屋さんや足場屋さん、配管屋さんなど多岐に渡る業者さんに依頼し、その管理をしていました。現場では作業者の方々と仲良く仕事はしていたが、やはりこの建設業界の課題は(その当時は他人事ながらに)深刻だなぁ。とよく感じてたことを思い出す内容でした。

法改正があってガラっと変わることはないにしても、5年10年の中長期スパンで官民協力して変えていきたい意思はひしひしと伝わる内容でした。

内容は1時間45分の短い時間に盛りだくさん詰め込まれていましたが、興味深かったのは、建設業許可の取得要件にある

経営業務管理責任者要件緩和される方向にあるというものでした。
ざっくりですが、

現:許可を受けようとする建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

案:建設業の経営に関する経験、又は管理職の経験を通算5年以上有している者
  建設業以外の業種の経営に関する経験を5年以上有している者
  +役員を補佐する者の配置

上記案は令和2年10月1日からを予定しているそうで、これから新規で建設業許可を取得しようとする方や事業継承するにあたって建設業許可が必要な方々にとっては朗報となります😊

今日も絶好調で営業中👍

建築基準法改正

投稿日: コメントするカテゴリー: 法改正行政書士

2019年6月25日に建築基準法の一部が改正され施行されました。

○3階建ての戸建住宅等を他用途に転用する場合の規制の合理化
⇒延べ床面積が【200㎡未満の3階建】の建築物について、一定条件をもとに【耐火建築物】としなくて良い。

要するに、3階建ての戸建住宅旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまではその建物は耐火建築物でなければならなかったが、改正後は【耐火建築物でなくても良いよ】ということです。

 

○戸建て住宅等から他用途への転用の際の手続き不要の対象を拡大
⇒建築基準法上の用途変更申請手続が不要になる基準が100㎡以下から200㎡以下に引き上げ

こちらも同様にこれまで住宅として使っていた建物で旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまでは用途変更をしなければいけませんでした。日本の住宅の延べ床面積は100〜150㎡程度が多く、これまでの法律ではほとんど用途変更をしなければなりませんでした。今回の改正により多くの住宅が規制緩和の恩恵を受けることができるようになった、ということになります。

民泊の依頼を無事完了

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ行政書士

行政書士開業してからの初依頼を無事こなすことができました。

開業後にホームページをアップしてすぐに電話がかかってきたので、

『ナニ( ゚д゚)!?!?もう仕事の依頼!?』

と思い、電話に出るとリスティング広告はいかが?といった内容でガッカリし、その後もプリンターや広告の電話が続いてました。。初仕事は、幸せなことに民泊を始めたいという方からの依頼で、なんとか無事に届出が完了した!

先日、依頼者から民泊の標識が送られたと聞いてホッと一安心(*^^*)民泊は2018年6月15日に法改正があって今でちょうど1年経過して、県の担当者に立ち話だったけど話を伺ってみると、富山県全体で50件ほどだそうで、、、って少なくない??

届出に必要な書類に「消防法令適合通知書」ってんのがあるんだけど、が富山市は他よりかなり厳しいそうで。。
今回は、富山市外に対象の物件があったので、必要設備を設置して管轄消防署から問題なくソレは発行してもらえた。
その他、図面などの書類を添付していざ県庁へ行くも

「担当者とのアポは取ってますか?」

てっきり市役所のような窓口と思って行ったため、無駄足を踏んでしまった。
郵送でも構いませんよ!と言われたけど、いろいろ話を聞きたいので行きます。と言い、後日出直しをした。

今回の依頼で本や行政が出しているガイドライン等を読み漁ったけどそこにない必要書類もあった。
ひとつ感じたのは《資格予備校等の実務者講習会は行かなくても良い!》ということ。
何万円も出して何時間も授業を聞いて。。
必死のパッチで調べて、条文を読めば分かってくる!分からなくても行政側に聞けば大抵のことは教えてくれる!
なんとかなる精神、、、もとい、プロならば、「なんとかする精神」でやっていこう!

行政書士はスポットの依頼がほとんどと言われている中で、どのようにして定期的に依頼を獲得していくかの仕組みづくりをしていかないと。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email

事務所に珍客

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ土地家屋調査士行政書士

事務所に思わぬ珍客が来所されました!

気付いたら室内で飛んでいて、そのあと外に出て、2羽のツバメが電線の上からこちらの様子を伺っています!

日本では、昔から家にツバメが巣をつくることは縁起が良いとされ、歓迎されていました。なぜかは、よく知らないので、知っている方がいましたら、お問い合わせフォームからお願いします。笑


シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email