民泊の依頼を無事完了

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ行政書士

行政書士開業してからの初依頼を無事こなすことができました。

開業後にホームページをアップしてすぐに電話がかかってきたので、

『ナニ( ゚д゚)!?!?もう仕事の依頼!?』

と思い、電話に出るとリスティング広告はいかが?といった内容でガッカリし、その後もプリンターや広告の電話が続いてました。。初仕事は、幸せなことに民泊を始めたいという方からの依頼で、なんとか無事に届出が完了した!

先日、依頼者から民泊の標識が送られたと聞いてホッと一安心(*^^*)民泊は2018年6月15日に法改正があって今でちょうど1年経過して、県の担当者に立ち話だったけど話を伺ってみると、富山県全体で50件ほどだそうで、、、って少なくない??

届出に必要な書類に「消防法令適合通知書」ってんのがあるんだけど、が富山市は他よりかなり厳しいそうで。。
今回は、富山市外に対象の物件があったので、必要設備を設置して管轄消防署から問題なくソレは発行してもらえた。
その他、図面などの書類を添付していざ県庁へ行くも

「担当者とのアポは取ってますか?」

てっきり市役所のような窓口と思って行ったため、無駄足を踏んでしまった。
郵送でも構いませんよ!と言われたけど、いろいろ話を聞きたいので行きます。と言い、後日出直しをした。

今回の依頼で本や行政が出しているガイドライン等を読み漁ったけどそこにない必要書類もあった。
ひとつ感じたのは《資格予備校等の実務者講習会は行かなくても良い!》ということ。
何万円も出して何時間も授業を聞いて。。
必死のパッチで調べて、条文を読めば分かってくる!分からなくても行政側に聞けば大抵のことは教えてくれる!
なんとかなる精神、、、もとい、プロならば、「なんとかする精神」でやっていこう!

行政書士はスポットの依頼がほとんどと言われている中で、どのようにして定期的に依頼を獲得していくかの仕組みづくりをしていかないと。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email