富山県行政書士会の新入会員研修会へ参加

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

先週末はタイトルにある研修会に参加してきました😃

行政書士ができる職務上請求をする上での適切な使用をするための注意事項について、どのような使い方をしたらマズいのか、の説明を受けてきました‼️

他には、業際問題について川渕先生が新人だけでなく役員等を巻き込みながら全員で討論したり、会長のお話からは行政書士の今後の可能性をヒシヒシと感じたり、充実した時間となりました⌛️

お決まりの懇親会でも久しぶりにビールを飲みながら新人同士や偉い方々から楽しい話が聞けたりで、普段一人で仕事をして溜まってるストレスを発散してきました🍻

話は戻って、今回の研修会、実は午前中に父の会社に関する資格試験を受けに行ってて、さっさと途中退室してから研修会場に行きました💦
「採石業務管理者」というマイナー試験で昨日自己採点したら問題なく受かっているだろう、、マークミスがなければ、、と💮
なので、後日受けていない分の内容をビデオ研修で対応してもらえるそうで良かった‼️

ほなほな、今日も絶好調で営業中👊

IT導入補助金

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

民泊を考えている、またはすでに始めている方々に朗報です😃

先日の民泊カンファレンスで登壇された中に楽天コミュニケーションズの方がいて、その方より「IT導入補助金」の承認が得られた連絡がありました❗️

あんしんステイIoT」というもので、民泊施設の無人化のために鍵の引き渡しが不要なスマートロックや本人確認プロセスをタブレットで実施、その他様々なセキュリティに関するものの導入に補助金がもらえるという内容です。

もう少し噛み砕いてに言うと、民泊を始めるにあたって煩わしいセキュリティ関係や営業開始後のご近所トラブルを未然に防ぐ為に、楽天の機器を導入しましょう!
その導入費用の一部が、返さなくていい補助金として国からもらえるよ!
ってことです。

しかし、期限があります⏳

お急ぎください💨

2019年7月17日(水)~8月23日(金)

が応募期間となっております!

 

今日も絶好調で営業中‼️

賃貸経営の未来はどうなる?

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

賃貸経営をされているオーナーの皆様、空室対策はどのようにされていますか❓

新潟、富山、石川県では21〜25%、福井県に至っては30%超となっています😱

なぜ、空室率が上がってしまったのか❓
それは、2015年に施行された相続税と贈与税の税制改正と考えられます🏢

相続する財産のうち、相続する人数によって変わる非課税枠が、改正前の「5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)」から「3,000万円+(法定相続人の数×600万円)」へと縮小されました。これにより相続税の課税対象となる財産を所有する人の割合は、約4%から6%台に広がるという財務省の試算もあります。

その時、皆が考えることは節税対策です💴
そこで出た一つの解が「賃貸経営」です❗️

以下、国交相の新設住宅着工戸数(借家)の推移

この空室率問題を解決するためには、人を入れれば良い❗️

賃貸で借り手がいない間の収益が上がらない時は、民泊として運営したら良いのです。

賃貸経営と民泊のハイブリッド経営です🔄

民泊は年間宿泊日数に180日という制限があります。

賃貸経営よりは収益は下がるかもしれませんが、価格設定を間違わなければ十分収益は上がります!

民泊を始める場合は、家具や家電等の初期投資は若干かかりますが、空室損を少しでも減らせる突破口になると考えられます!

今日も絶好調で営業中‼️

建築基準法改正

投稿日: コメントするカテゴリー: 法改正行政書士

2019年6月25日に建築基準法の一部が改正され施行されました。

○3階建ての戸建住宅等を他用途に転用する場合の規制の合理化
⇒延べ床面積が【200㎡未満の3階建】の建築物について、一定条件をもとに【耐火建築物】としなくて良い。

要するに、3階建ての戸建住宅旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまではその建物は耐火建築物でなければならなかったが、改正後は【耐火建築物でなくても良いよ】ということです。

 

○戸建て住宅等から他用途への転用の際の手続き不要の対象を拡大
⇒建築基準法上の用途変更申請手続が不要になる基準が100㎡以下から200㎡以下に引き上げ

こちらも同様にこれまで住宅として使っていた建物で旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまでは用途変更をしなければいけませんでした。日本の住宅の延べ床面積は100〜150㎡程度が多く、これまでの法律ではほとんど用途変更をしなければなりませんでした。今回の改正により多くの住宅が規制緩和の恩恵を受けることができるようになった、ということになります。

民泊カンファレンス@osaka

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

7月5日に大阪で開かれた民泊カンファレンス2019に参加してきました👨‍💼

今回は、2018年6月15日に民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行され、同じく旅館業法が70年ぶりに改正されて1年ほどが経ち、その後の業界の課題や今後の流れについて情報収集をしてきました❗️

会場にはすでに事業をしている民泊ホストや、不動産業界の方、これからの方、行政書士で民泊を多く取り扱っている方からお話が聞けました👂富山県にはない都市部に指定された特区民泊についても大変勉強になりました📝

民泊はその多くが不在型であり、管理会社と管理契約を結ぶ必要がありますが、 民泊代行大手の(株)グランドゥース「要望があれば富山県にも行きます」と心強い言葉を頂いてきました👊

民泊にも鍵を始め様々なIoTの導入がされていることを知り、どんどん面白くなってくる業界だと改めて実感しました⚡️

また、同業の先生ともお話ができて色々刺激をもらって充実した楽しいセミナーになりました🎶この内容を取り入れてお客様に還元していければ!と思う今日のこの頃である☺️

写真は、セミナー前に時間があったのでミナミをぶらぶらした時に撮ったどうでもいい写真です🤳

 

そして、今日も絶好調で営業中‼️