農地転用の依頼

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

今日は農地転用の依頼があった現場(農地)へ行って現場を確認して、その後に農業委員会で農地転用の5条届出について話を聞いてきました。5条届出は簡単らしいので少し安心😅

土地改良区にも続けていこうと思ったけど、担当者が不在でアポが取れず、午後からは事務所で書類を作ることに専念しよう👨‍💻

農地転用の手続きは面倒で時間がかかるみたいだけど、今回の依頼は面積も小さく、市街化区域なので簡単に進みそうやけど、実際はどうやろか❓

委任状を始め必要書類は粗方揃えた👍

農転は生産組合長などからのハンコが必要ということで、これからも付き合っていくと思われる方々なので第一印象を大切にしよ✨

 

さぁ、今日も絶好調で営業中‼️

 

農地転用

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇農地転用

農地転用とは、「農地」を宅地や駐車場、資材置場、商業施設などの用地に変更することです。

許可の種類
農地転用は、農地法により「3条、4条、5条」で規定されています。

○農地法第3条
3条は、農地の権利移動に関する手続きのことです。農地を農地のまま、売買、遺贈(一般的な相続のことではありません)、または競売等によって所有者が変更になる場合に都道府県知事の許可が必要になります。

○農地法第4条
4条は、農地の転用に関する手続きのことです。農地を宅地などの用地に変更する場合に都道府県知事の許可が必要になります。

○農地法第5条
5条は、3条の権利移動許可4条の転用許可の両方の許可を併せ持ったものです。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email

農業振興地域

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇農業振興地域

農業振興地域とは、農振法(農業振興地域の整備に関する法律)により規定され、
都道府県知事が農業の振興を図ることが相当として指定した地域をいいます。

その指定された地域の中でも市町村の農業振興地域整備計画で相当の期間(概ね10年以上)にわたり農地として利用すべきとされた土地を農用地区域といいます。

その地域をさらに以下のように用途区分されます。
・農地
・採草放牧地
・混牧林地
・農業用施設用地

言い換えると、
都道府県(知事)がザックリと農業振興地域を指定し、
市町村がその中からキッチリと農用地区域を指定する。
といったイメージです!

農用地区域内に指定されている農地を農地転用をしようとする時は、まずこの区域から除外してもらうための「農用地区域に含まれる農地の除外手続き(農振除外)」が必要となります。ただし、これは一定の要件を満たす場合に限られます。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email

農地とは?

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇農地

農地は日本の食糧生産を確保する貴重な資源であると考えられています。
農地総面積は、 宅地等への転用や後継者問題等による耕作放棄により 毎年減少して行っており、日本の食糧生産の低下 が懸念されています。

「農地」とは、農地法で「耕作の目的に供される土地」と規定されています。
また、「耕作」とは土地に労費を加え肥培管理を行って作物を栽培することとされています。

ここで注意が必要なのは、その土地が農地等に該当するかの判断は
現在耕作されているか耕作しようと思えばいつでも耕作できる土地であるか
としておりその土地の現況によって判断するのであって、登記簿上で農地とされているかではない点です。

農地にあたるか否かについてわからない場合は、農地転用ができるか否かにも影響するため、農業委員会に確認して判断する必要があります。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email