賃貸経営の未来はどうなる?

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

賃貸経営をされているオーナーの皆様、空室対策はどのようにされていますか❓

新潟、富山、石川県では21〜25%、福井県に至っては30%超となっています😱

なぜ、空室率が上がってしまったのか❓
それは、2015年に施行された相続税と贈与税の税制改正と考えられます🏢

相続する財産のうち、相続する人数によって変わる非課税枠が、改正前の「5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)」から「3,000万円+(法定相続人の数×600万円)」へと縮小されました。これにより相続税の課税対象となる財産を所有する人の割合は、約4%から6%台に広がるという財務省の試算もあります。

その時、皆が考えることは節税対策です💴
そこで出た一つの解が「賃貸経営」です❗️

以下、国交相の新設住宅着工戸数(借家)の推移

この空室率問題を解決するためには、人を入れれば良い❗️

賃貸で借り手がいない間の収益が上がらない時は、民泊として運営したら良いのです。

賃貸経営と民泊のハイブリッド経営です🔄

民泊は年間宿泊日数に180日という制限があります。

賃貸経営よりは収益は下がるかもしれませんが、価格設定を間違わなければ十分収益は上がります!

民泊を始める場合は、家具や家電等の初期投資は若干かかりますが、空室損を少しでも減らせる突破口になると考えられます!

今日も絶好調で営業中‼️

建築基準法改正

投稿日: コメントするカテゴリー: 法改正行政書士

2019年6月25日に建築基準法の一部が改正され施行されました。

○3階建ての戸建住宅等を他用途に転用する場合の規制の合理化
⇒延べ床面積が【200㎡未満の3階建】の建築物について、一定条件をもとに【耐火建築物】としなくて良い。

要するに、3階建ての戸建住宅旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまではその建物は耐火建築物でなければならなかったが、改正後は【耐火建築物でなくても良いよ】ということです。

 

○戸建て住宅等から他用途への転用の際の手続き不要の対象を拡大
⇒建築基準法上の用途変更申請手続が不要になる基準が100㎡以下から200㎡以下に引き上げ

こちらも同様にこれまで住宅として使っていた建物で旅館業や簡易宿所営業を始める場合に、これまでは用途変更をしなければいけませんでした。日本の住宅の延べ床面積は100〜150㎡程度が多く、これまでの法律ではほとんど用途変更をしなければなりませんでした。今回の改正により多くの住宅が規制緩和の恩恵を受けることができるようになった、ということになります。

産廃業の許可基準

投稿日: コメントするカテゴリー: サポート内容
◇許可の基準

許可を取得するには、
申請が許可の基準に適合していること、及び申請者が欠格要件に該当していないことの要件が求められます。

 

許可の基準

①設備的基準
収集運搬業においては、運搬車両、運搬容器、駐車施設、洗車施設等が必要になります。積替え・保管を行うには積替え施設や保管施設、重機等が必要になります。

処分業においては、破砕機、脱水機、トラックスケール等の設備や作業に必要な重機等が必要になります。

②申請者の能力(知識・技能)
産業廃棄物の処理を的確位に行うに足りる知識及び技能を有することが求められます。これは上記のJWセンターの修了証でその能力があると認められます。

③申請者の能力(経理的基礎)
経理的基礎を有することが求められます。これは、申請者が事業を的確かつ継続して行うに足る経理的基礎をいい、事業において利益が計上されず、かつ債務超過状態にある申請者は許可基準に適合しないとみなされます。
初回相談時に、法人様においては直前3年の各事業年度における決算書(貸借対照表、 損益計算書、キャッシュフロー計算書)、税務署に提出した確定申告書の写し、法人税の納税証明書等をお預かりして判断いたしします。また、個人様においては直前3年の所得税の納税証明書、確定申告書の写し等をお預かりして判断いたします。

④欠格要件
法人様の場合には会社そのものと会社の役員等が、個人様の場合には個人事業主等に契約を結ぶ能力があり、また不正な行為をしないなどの条件があります。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email

自動車購入

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

富山県への帰省にあたって自動車を購入しなければ、生活はもちろん仕事もできない。なので、自動車をしぶしぶ購入した。その際にディーラーの担当者へ車庫証明は自分でするから!とその分の値引きをしてもらい、書き方を調べて問題なく自動車保管場所申請証明書(車庫証明)を提出した!勿論、無事取得することができた!!

その時初めて知ったのは、車庫証明は自宅住所の管轄の警察署に出さなくてはいけないということ。最初は、それを知らず富山【中央】警察署へ行ってしまった。中央警察署で「管轄が違う」と、一覧表を見せられて説明を受けた時に、「その紙ください!」と言うと快くことができた(転んでもタダでは起きない精神)。自宅住所の管轄は富山【南】警察署!!!少しずつ覚えていくしかない!自動車登録関連のページに管轄は上げておこう!参考にしてください(^^;)

自動車をゲットしたので、どこへでもご相談にお伺いいたします。

シェアする Share this...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Email this to someone
email