令和元年度行政書士試験

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

今日は行政書士試験本番でしたね✏️

受験生の方々、お疲れ様でした‼️

受験生にとって何も有益な情報を伝えられないけれど、私も昨年は受け終わった直後は「もろた❗️」と思って帰宅して自己採点をして「ムムッ❓汗」なんかちょっとマズくないか?と思ったり、各予備校の記述模範解答や講師のブログを確認して「大丈夫❗️」と楽観したり1月31日の合格発表までソワソワソワソワしてたな、と😨

僕がLECの横溝講師の授業をネットで受けてた時に言われていたのが、「受験後に自己採点をして間違っていたところをしっかり確認するところまでが受験生のマナー」だと教えられていたので、そうしました!そのためか、今でも間違えたところは知識として覚えているなぁ🧠

受験生はこのブログを見ていないと思うけど、何か間違って見た方がいたらそうして下さい(^^)笑

ちなみに、、、
毎年変わらないけど、去年は受験日と妻の誕生日とが被ってて当日にちゃんとお祝いが(本人はもう祝う歳じゃなくなってる、と言ってるけどね)できず、だったけど今年はちゃんとできました🎂

明日から寒くなりそうだけど、ひとまず絶好調で営業します👍

農振除外の迅速化について

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

昨日(10月31日)行政書士会の研修会に行ってきました❗️

内容はタイトルの通りで、農振除外の迅速化について話を聞いてきました👂今後、(って言っても10月1日から始まっているみたい)富山県農林水産部と各市町村との連携強化で毎年4回しか受付けていなかった農振除外を市町村によるみたいではあるが、毎月受け付けてくれるそうで、す‼️

農振除外については、こちらでフワッと説明していますが、また改めて説明していきます‼️(たぶん。。。)

以前までは農振除外と農地転用をセットですると半年ないし1年近くかかっていたものが行政側の調整でその処理期間が短かくなり、申請者にとっても我々行政書士にとってもGOODなnewsでした(^^)

また、手続きについての内容もあり、全く眠くならない講習会で楽しく非常に勉強になりました‼️

さぁ、今年もあと残り2ヶ月❗️
絶好調で乗り切りましょう👊

 

富山県行政書士会の新入会員研修会へ参加

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ

先週末はタイトルにある研修会に参加してきました😃

行政書士ができる職務上請求をする上での適切な使用をするための注意事項について、どのような使い方をしたらマズいのか、の説明を受けてきました‼️

他には、業際問題について川渕先生が新人だけでなく役員等を巻き込みながら全員で討論したり、会長のお話からは行政書士の今後の可能性をヒシヒシと感じたり、充実した時間となりました⌛️

お決まりの懇親会でも久しぶりにビールを飲みながら新人同士や偉い方々から楽しい話が聞けたりで、普段一人で仕事をして溜まってるストレスを発散してきました🍻

話は戻って、今回の研修会、実は午前中に父の会社に関する資格試験を受けに行ってて、さっさと途中退室してから研修会場に行きました💦
「採石業務管理者」というマイナー試験で昨日自己採点したら問題なく受かっているだろう、、マークミスがなければ、、と💮
なので、後日受けていない分の内容をビデオ研修で対応してもらえるそうで良かった‼️

ほなほな、今日も絶好調で営業中👊

民法改正

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ行政書士

昨日は午後から行政書士会で行われた

「民法改正(債権法・相続法)」

の勉強会に行ってきました。債権法においては120年ぶり、相続法では40年ぶりの大改正で2020年4月から改正法が施行される予定となっております❗️

そもそも民法って言葉ではよく聞くけどなんのこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、超簡単にいうと私人同士(個人や事業)における基本的なルールです!(ちょっとザックリしすぎてます💦)

私も法律を学び始めて長くないですが、さすがに120年も前に決められたルール(債権法)が改正されずこれまで使い続けられてきていることに驚きました‼️

簡単に改正内容をいくつか紹介すると、

  1. 自己の権利を一定期間行使していなかった場合に、その権利について主張ができなくなる消滅時効が原則10年(民法でしたが、原則そのままで追加で「権利を主張することができるのにしなかった場合は5年で時効が完成となります。
  2. お金の支払いが遅れた場合の法定利率が
    現行;年5分(民法404条)→新法;年3分へ引き下げ(いぇい👍)
  3. 相続法では、「配偶者居住権」という配偶者が相続開始時に被相続人(亡くなった方)が所有する建物に住んでいた場合に終身、又は一定期間その建物を無償で使用できる権利を新設しています

他にもありますが、イメージのしやすそうなものを少しだけ取り上げました。

今日も絶好調で営業中です😁

新・担い手3法に関する説明会

投稿日: コメントするカテゴリー: お知らせ建設業法改正行政書士

朝晩が冷え込む季節になってきました🍃
今週は週半ばから富山はずっと雨予報です☔️

本日、建設業法、入契法(公共事業の入札及び契約の適正化の促進に関する法律)の改正案が6月5日、品確法(公共工事の品質確保の促進に関する法律)の改正案が6月7日に成立し、国交相主催の『新・担い手三法について』という説明会に行ってきました‼️

法改正の経緯は、建設業界の若手人材不足や給与面、長時間労働、そして社会保険未加入等の現状課題に関する対策ということでした。
前職のメーカーでは工場内の工事を協力業者(下請け業者)の土建屋さんや足場屋さん、配管屋さんなど多岐に渡る業者さんに依頼し、その管理をしていました。現場では作業者の方々と仲良く仕事はしていたが、やはりこの建設業界の課題は(その当時は他人事ながらに)深刻だなぁ。とよく感じてたことを思い出す内容でした。

法改正があってガラっと変わることはないにしても、5年10年の中長期スパンで官民協力して変えていきたい意思はひしひしと伝わる内容でした。

内容は1時間45分の短い時間に盛りだくさん詰め込まれていましたが、興味深かったのは、建設業許可の取得要件にある

経営業務管理責任者要件緩和される方向にあるというものでした。
ざっくりですが、

現:許可を受けようとする建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

案:建設業の経営に関する経験、又は管理職の経験を通算5年以上有している者
  建設業以外の業種の経営に関する経験を5年以上有している者
  +役員を補佐する者の配置

上記案は令和2年10月1日からを予定しているそうで、これから新規で建設業許可を取得しようとする方や事業継承するにあたって建設業許可が必要な方々にとっては朗報となります😊

今日も絶好調で営業中👍